豊かさって、なんだろう

隠れ里ひとよし

はじめてなのにどこか懐かしい、
全ての日本人にとっての原風景

キラキラ輝く球磨の宝石黄金卵Zipangu

祝いと感謝の気持ちが詰まった
卵を届けたい

幾重にも連なる山々を縫うように走り、見る人だれもが青く澄みきった水面の美しさに心を打たれる清流・万江川。

そんな美しい万江川に暮らしているのは、清流でしか生きることができない山女魚たち。山女魚の産地は他にあれど、クリスタル・クリアとまで表現される万江川の山女魚を形容するならば、ここにしか生息しないcrystal Yamame!そして、なんと!そのクリスタルの卵は黄金色に輝いていたのです。

祈りの里・人吉の民は、豊かな暮らしを支えてくれている万江川からいただく恩恵を、感謝の気持ちとともに多くの人に贈りたいと考えました。

最上級の万江川の山女魚のなかでも、しっかり卵を抱ける2年魚に限定して採卵。色鮮やかな黄金色の輝きをほんの少しも曇らせない特製醤油ダレと山女魚の出汁を合わせることで、特別な人に特別な感謝を伝えられる最上級品をお届けすることができました。

黄金色に輝く隠れ里の秘宝黄金卵Zipangu

黄金卵Zipangu

「黄金の国ジパング」と呼ばれた由来はここにあったのか!そう思わせてくれるほど鮮やかな黄金色を放つ山女魚の卵。その美しき輝きとプチプチの食感はそのままに、しっかり球磨の味つけで調理した一品が誕生しました。料理のメインにも、そして異彩を放つ飾りつけにも、あなたの食卓に球磨ならではの恵みをお届けします。

レシピ

山女魚のクリームパスタ黄金卵添え

  • 分量:1人分
  • 調理時間:-
  • カロリー:-

材料

  • パスタ(お好きな種類で)70g
  • 山女魚半身
  • きのこ(しめじ・エリンギ・椎茸などお好きなもの)全部で150g
  • バター10g
  • 牛乳30cc
  • 生クリーム30cc
  • 粉チーズ10g
  • コンソメ粉小さじ1/2
  • 塩こしょう適量
  • 刻みパセリ適量

作り方

  1. 山女魚は塩こしょうしてフライパンで焼き、身を軽くほぐしておく。きのこ類は適当な大きさに切っておく。
  2. パスタはたっぷりのお湯で表示時間より少し短めに茹でる。
  3. フライパンにバターを熱してきのこ類を炒める。
  4. きのこがいたまったから中火にし、生クリーム・牛乳を加えていく。コンソメ粉、粉チーズを入れとろみがでるまで煮詰める。
  5. チーズが溶けたら1の山女魚、茹でたパスタを加えて軽く混ぜ、塩こしょうで味を調える。
  6. 仕上げにドライパセリと黄金卵を振って出来上がり。

商品に関する
お問い合わせ

隠れ里ひとよし商品についての各種お問合せ・ご意見・ご質問などございましたら、お気軽にお尋ね下さい。 日・祝日・年末年始は翌営業日以降のお返事となりますのでご了承ください。また、お客様からの個人情報、お寄せいただいたお問合せ内容は厳重に取り扱い、個人情報保護方針に基づき適切に管理します。

お問い合わせ